自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

パッケージを変える(と、売れる)

ビジネスコース的な話だがね。

うちでは化粧水、髙橋弘美社長率いるFromCO2を使っています。

photo:01


左がスタンダードで、右が最近出たメンズ用なんだがね。

ビジネスコースに参加した人は、
「マーケットを変える」というのを覚えているかな。

女性向けに発売していた炭酸化粧水を
今度は男性向けに販売してパッケージを変えた。

成分は変わっていない。
配合率?量?は変わっているかもしれないけども
正味変わらなくてもいいんだな、これ。

photo:02


マーケットを変えたら、マーケットに受け入れられるパッケージにする必要がある。
パッケージというのは商品だけど
サービスの場合も「見せ方」

このメンズ用炭酸化粧水は、
女性に向けてのプロモーションが成功してから販売してるけど
これは奥さん(女性)の啓発が成功してから
家庭内クロージング狙って~というのが筋だろうね。

最初から売っていても売れなかっただろうし。

あとはどこまで家庭内クロージングできてるか気になるな。

ま、商品と品質がいいことに間違いはないので
(だから初期の頃からずっと使っている)
それはいいんだけど
それと売れるかどうかはまた別なもので。

男性にも売れてほしい商品ですわ。

前話: 自己プロ用写真のヒケツポイント

次話: 人を紹介しまくる記事を書くこと

トップに戻るボタン