自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ヒアリング内容3.商品(ひありんぐないよう3.しょうひん)

商品に対するヒアリングは、商品を使ってから聞く。お客さんの認識と自分の価値がずれている場合がある。お客さんの認識を重視する

前話: ヒアリング内容2.動機(ひありんぐないよう2.どうき)

次話: ヒアリング内容4.新商品(ひありんぐないよう4.しんしょうひん)