自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ヒアリング手法 ~成果測定まとめ

4月に自分自身の成果測定を行った、その方法を記事にしてきました。

ここで一覧にまとめておきます。

   その1. フィードバック分析をする” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>フィードバック分析をする
   その2. 定量の成果を見返す” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>定量の成果を見返す
   その3. 商品構成の見直しをかける
   その4. お客の声に耳を傾ける ~定性の分析を重視する” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>お客の声に耳を傾ける ~定性の分析を重視する
   その5. 集客導線の入口 ~ヒアリング集計1” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>集客導線の入口 ~ヒアリング集計1
   その6. 印象強い成果は? ~ヒアリング集計2” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>印象強い成果は? ~ヒアリング集計2
   その7. 新しく行ってほしいこと・・・数の論理 ~ヒアリング集計3” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>新しく行ってほしいこと・・・数の論理 ~ヒアリング集計3
   その8. ヒアリング最終 ~成果測定からシステムを作る” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>ヒアリング最終 ~成果測定からシステムを作る

個人ではなく、事業でも同じように使えるので事業経営者は参考にどうぞ。

前話: ヒアリング最終 ~成果測定からシステムを作る

次話: 必要性のあるものを選ぶ ~昨年8月の定期メルマガ

トップに戻るボタン