自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ブログを「知り合った人」に向けて書くか、「知り合う前の人」に向けて書くか

ビジネスコラムです。
ビジネスをやっていなくても活動を広げたい人は読んで。

ブログもフェイスブックも、ビジネス活動・・・つまり
販売や契約に結びつけるのに向いています。
成果が出るということです。

2つはそれぞれ特徴の違いがありますが
ここではブログを中心に書きます。

ブログをスタートさせた最初は
読者もいないし、いきなり売れたりはしません。

だから
読者を読者登録やコメントなどによって増やし
(読みに来てもらうようにし)
来てくれた人が「続けて読みたい」と思えるような
内容の工夫が必要になります。

ネットの世界以外のリアルで合う必要も出てくるだろうし、
(やはり実際に会ってた方がブログは読まれる)
人に役立つ情報提供は何か?ということを
ものすごく考える必要もあると思います。

そのうち商品を利用する人が現れて
感想なり、記事を書いてくれるとそれを紹介します。

売れることが続くということは
関わる人が多くなるということです。

関わる人が多く多く多くなると、
そのうち
関わりの深い人たちのコミュニティができたりします。
ビジネス初期ではここを作るのを
ひとつの目標にしてもいいかもしれません。

コミュニティができると、
ビジネスは安定してきます。安定期に入ります。

コミュニティができると
人間心理は
「これまでの苦労の不安からは解放」されます。

これによって、
「今仲の良いこの人たちを大切にしよう」
という心理が働きます。

ビジネス的な言い方に換えると
「既存客に目を向ける」
ということになります。

これには
いい意味と悪い意味の両方が含まれます。

いい意味の方は、
既存客の方が次の商品を買いやすい、
つまり
一度買った人の方が二度以上買う方が
一度も買ったことがない人がはじめて買うよりも
ハードルが低い

という現実があります。

現に買っている人に注目するのは
安定的なビジネスを考える上では大切です。

また、
既存客を大切にするシステムや方法は、
新規のお客さんに
「ここで商品を買ってもいいかも」
という安心感(→販売促進)を与えます。

ただ、悪い意味もあります。

特に心理的に「もう安泰だから」この方法がいい
と錯覚している場合は危険です。
そして残念ながらよくあります。

ブログの内容として
新規に訴求する書き方は、
初心者にもわかりやすい内容を
インパクトのあるものから書き出す
ことです。

はじめての人に優しい、
丁寧な書き方になります。

でもそれは、
既存のお客にとっては
古く、何度も聞いた、基本的すぎる内容で
おもしろくもなければ
必要な情報でもありません。

既存客がいる安心感があると、
この新規に対するアプローチの量が減り、
既存客・・・玄人向けの
自分たちが共有しあえて嬉しい~内容
に陥ってしまいます。

それを見て
一度もその商品を利用したことがない人は
「なんだか入っていきにくい」
「難しいのでもういい」
という状態になります。

当然新規による販売の減少につながります。

極端に言えば、
ブログは新規に対しての内容で十分です。

ブログが新規にアプローチする媒体として
優れているということもあるし、

既存客にはメルマガなり、
アメンバー限定記事なり、
どうとでも関わる方法があるからです。

ただ
現実的に言うなら、
既存客を大切にしている内容は
新規が商品を買うことにつながるので
ブログの内容に
組み込んだ方がいい、とは言えます。

だから、新規と既存の
両方に読まれるブログ構成が求められます。

新規向け対既存向けの
記事配分は業種や扱うサービスによって異なります。

なので、最初5:5からスタートして
どちらに寄せていった方が
効果(つまり売上)が高いのかよく見るようにします。

自分がどちらが得意か?
ということもあると思います。

が、
気をつけたいのは
たとえ既存の方が得意だとしても
新規を得なければビジネスは発展しないので
(維持継続なら既存でどうにかなる)
既存に寄りすぎないように注意することです。

新規・・・「知り合う前の人」に
アプローチしようとすることを
忘れ去った瞬間に
ビジネスが衰退します。

前話: タイミング、時機を見る目は、

次話: 今さらですが読まれるブログ記事構成のキホン。

トップに戻るボタン