自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ブロックを長期化するブロックを長期化する


こちらは2010年02月22日に掲載されたコラムです。

感情面に目を向ける一番のメリットは、スムーズに生きれるというところにあると思う。

実際、特にお金のある経営者ほど、感情を軽視して、負の感情をパワーに変えて成功しているものだけども、

実質はっきり言えるのは「全然幸せそうじゃないんですけど?」というところ。

芸能人が麻薬やるのも同じような心理じゃないかな。

わざわざ茨の道を歩いて、わざわざ力を見せつけ、わざわざ頂点に立とうとするというひとは、

あきれるほど多いです。

そして、ちょっと考えれば分かるんだけど、そのやり方では挫折する人の方が圧倒的に生産されます。

たとえ、頂点を得られていたとしても、環境や状況がそうなっているというだけのことで、

自分に目を向けていないという事実に変わりはありません。

ので、そこにその人らしさとか幸せはない。あるのは力だけです。

(全員がそうだと言っているのではないですよ)

感情面に目を向ける、目先のメリットは、力を入れなくても売上が上がったり、人間関係がスムーズになったり、

恋人ができたり、イライラすることや自分を否定する習慣がなくなったりすることです。

【関連記事】 メンタルの変化が売上を上げるのか?  

へ理屈や精神世界的わからなさそうな論理ではなくて、実際に売上が上がったり、恋人ができたりします。

僕が見てきたケースでもそういうことは事実よく起こる。

力を中心に売上を上げようとすると、できないフィールドや売れない商品に対して、スキルと頑張りを駆使して

なんとか売ろうとするわけだけど、そういうのはもうマーケティングのセオリーからも外れていて、

ビジネスと考えると救い難い間違いとなります。

力を中心に恋人をつくろうとすると、知り合うために婚活に出かけるとか、友達に紹介を期待して声を掛けまくる。

外見を良く保つために外見の美しさを追及したり、スキルとしてのトークや料理を学んだり、

心理手法で異性を振り返らせる方法を覚えて使おうとしたりする。

いち人間として考えると救い難い間違いです。

どちらも前提に、現状はダメだから力をかけて物事を動かそうとするわけです。

前提がダメなものはダメです。力の問題じゃない。

売れるものを売れば売上は上がり、自分を知っていれば自分に合った適切な人を探すことができるか、

あるいはありのままの自分を好いて尊重してくれる人に目線を向けることができるようになります。

で、そのありのままの自分を否定させている考え方や、学習パターンや、捉え方がいわゆる

メンタルブロックであったりするわけだけど、

ブロックは感情やストレスと切っても切れない関係にあります。

なので、多くの人は嫌な気持ちになりたくないので見たくない。

つまり、自分が持っている自分に取り組もうとしないわけです。

自分の右手は好きだけど、左手は嫌いなのでないことにする・・・・みたいなことをやっているわけです。

で、セミナーなんかでもよく、

そこに目を向けることの重要性・・・長距離走でも、短期的な売上や恋人でも・・・を言ったりしています。

経営コンサルに入るともっと強く言うかな。

目を向けはじめると、それだけで現状が変わってきます

具体的に言うと、自分で自分を見る人間と見ない人間では、発言、しぐさ、考え方、行動手法、パターンなどが

必ず異なり、その結果周囲の反応は必ず変化します。

よく眉間のシワを例に出すのだけど、立った2センチにシワがあるかどうかだけで相手の反応は変化します。

まして、もっと奥深いところに目線を持っている人か、いない人かであるというだけで、

外見上にも大きな違いが生まれるし、それを見た他人にも相手の捉え方が変わります。

とか書きながら、今回はブロック対応しましょう的内容ではなくて、

ブロックに気がついたら放置するという方法もある、という目線についてのことです。

先日、この道の専門家の先生と話していた時に

「長期化すると問題じゃなくなる」というようなことを言っていました。

たとえば、10代の頃には自分を縛っていたブロックが30代に入ると全く問題にならなくなって、

以前よりスムーズに、自分らしくやって行けるようになることがあります。

気がついたら、多少問題でも放置するというのもひとつの方法で、

そう考えてみるとブロック対応っていうのは結構楽なものであったりもするわけです。

もうひとつ、これも僕がかなり以前に言われたことですが、

「ブロックがあっても、ものすごく考える力があるんだからいいじゃない」という考え方。

ブロックに原因があり、ブロックが根源で今の自分を悪くしている→だから省けば幸せなんだ・・・的考え方にも

実際のところ無理があるわけです。

だからと言って、ブロックや自分の感情に向き合おうとしないことをお勧めしているのではなく、

ブロックや感情と向き合った上で、

長期的に付き合って行っても良い、とか

それも含めて自分なんだから自己否定する必要は全然ない、とか

そういう考え方もあるし、現実に有効だということを取り入れてみればと思うわけです。

【関連記事】
持ち物を過小評価する人に明日はない

 

◆ 

◆ 

◆  

◆ 

◆ 

◆ 

◆ 

◆ 

◆ 人生を作る【一次】の生き方

トップに戻るボタン