自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

プロモーションの成功が自分を・・・

尖った方がプロモーション成功しやすい。

強さを打ち出す。


工ロい方がプロモーション成功しやすい。

男の本能くすぐる。


内面を吐露し、成長してる自分を見せる方がプロモーション成功しやすい。

なんか近しさを感じる。

だが、こういう効果を望める方法のほとんどが、自分を切り売りしてる。

普段なら言わないし、別に言わなくていいことをわざわざ言ってることになる。


わかって効果のために、ギリギリのラインでこう出していくこともある。




だがほとんどの場合で、

効果は確実に得られるとともに、

その得られた効果は望まないものだったりする。


目的を、例えば稼ぐということに絞っているとしても

望まないお客が集まり、売上は上がるが

事業のカラーはどんどん望まない方向へ進む。


プロモーションとその効果に振り回されて
自分を失う人があまりに多い。

前話: 梶貴美男さんのためのマネジメント講座06 能動的に編集する

次話: 【人気再アップ】女性のためのキャッシュポイント講座02 ダンナさまがキャッシュポイント

トップに戻るボタン