自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ポジショニングが空いているときは自分(ぽじしょにんぐがあいているときはじぶん)

強みを使っているポジションの方がストレスが少なく、うまくできやすいので4つのポジショニングで測定したときに、つい「やっぱり自分はここのポジションだ!」と納得してしまいそうになるけども、実はそれですら自分の素ではなく、空白の部分に注目する必要がある・・・なんていうややこしいことがあったりする。

前話: 過去云々はどうでもいい(かこうんぬんはどうでもいい)

次話: 空白のポジショニング(くうはくのぽじしょにんぐ)