自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

マインドダイエットは可能か?


まずダイエットの大前提が間違っている件

どんな場合でもほぼそうなんだけど、いわゆる
世間情報的に自分は太っているカテゴリになってきたので
ヤヴァイので肉を落とすためにいろいろと努力します!

となっている。

自分自身がスタートラインにいない。
人の目が基準で、しかも、誤った情報をベースに進めている。
上手くいくワケがない。

自分からスタートするというのは、自分の体重や体型が
本当はどのような状態にあるのが適切なのか?を知ること。
いや、ギリ知らなくてもいい。
身体の声というものがあるし、自助作用というものがあるので
身体が本来求める方向に注意を払って手助けしてあげれば
自分にとってのベストな落としどころ・・・体重や体型は決まる。

もうひとつ言うなら、太っている自分の否定は
全部自己否定からはじまっている。
ネガティブやマイナスを解消しようと前向きに取り組んでいる人は
「自分はダメなヤツだ」
と言っているのと同じ。

しかもその、自分をダメにしていると判断している材料が
人の目と誤認情報・・・・もう救いようなくね?

マインドダイエットの基本は
自分を中心に運び直しをすることです。

どちらのマインドで太っているのか?を明らかにする

内面が太ることに影響を与えるのは明らかで、
こんなに簡単にはっきりと、内面と外見が連動しているのは他にないんじゃ?

その影響の最大のものがストレス
正直、ストレスを解除するだけで痩せる、なんてことはよくある。
これはストレスで食べてしまう人のケース。
逆にストレスで痩せる人もいるから要注意。

逆もある。それが安心
例えば家庭が安定的であるとか、心が落ち着き払っていると太ることがある。
安心に安住して気を張る必要がないので食べて太る。
(もちろん太らない人もいる)

ストレスの場合はそれを解除したり、適切な対応が必要だし
安心の場合は惰性の自分をどのように立たせるか?が大事。

ただし、どちらもその状態が適切で
身体の自助努力によって実はベストに保たれている
というようなこともある。

その場合はダイエットが必要ない。

まぁこんなもんでいいか。

トップに戻るボタン