自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

マメ夫さんは何を考えているのか?〜勝手に男性心理を解き明かす編01

この記事を受けて勝手にマメ男さん心理を。
あたしっ!松原靖樹さんのビジネスコース受ける!

マメ男さんは結婚するときに
妻が「一生仕事をしたい!」というのにOKだしたそうな。

もうこれだけで相当いい人である。
というか、価値観合って良かったね。
いや、現時点の価値観も一致しているか
そこのところはよく聞く必要がある。

ダンナにそういうことを聞くときは
ただ純粋に聞く。
自己卑下すると台無し。
どうせダメって思ってるんでしょ前提もダメ。

しっかしこの記事は女性心理をよく現していて・・・しかもネガな方なんだけど
勝手に思い込んで(妄想)自分の評価を下げていく(被害)という
苦しいメカニズム・・・周囲からはウザイ・・・を告白してくれている。

少なからず同じ状態に陥っている人はいると思うよ。

それでもちゃんとマメ男さんに聞いたのはエラいな。

マメ男さんが【実際には】ただしく奥さんのことを想っていたのも微笑ましい。
さすがマメ男さん。
奥さんが「マメ男」と命名するだけのことはある。

男性心理でよくあることがここに書かれているんだけど
オトコが黙りするときは
乱暴に言って2種類あり、

ひとつは逃げるとき(都合が悪くなったとき)
ひとつはどうにかしたいが、現状どうにもできないとき

このケースでは後者。
ここね

私はマンションの一室でプライベートサロンをしたいのですが、その資金は自分で作ろうと思ってます。

でも、マメ夫さんは本当は自分が出してあげたいって思ってて、でも自分の仕事のビジョンがある。

まずはその事を優先したい。

実際、今も稼いでいますが、大黒柱としてこれからもっと頑張るぞーって思ってる。

マメ夫さんの想いは、自分がしっかり稼いで、私の望むことを全て叶え、笑顔にし、幸せにすることなんですよ。

私の望むものは何でもしてあげたいって思ってるのは前から分かってました。

で、その想いがゆえに、

資金を出してあげたいけど、まずは自分の夢実現のために!

なので、今は私の欲求を叶えてあげられない、でも美樹は自分でやりたい…俺って…

って思ってることがわかりました。

くえー泣ける~
オレがマメ男さんと結婚したーい。。。

そしてね。
こういう男性心理が出てきたら
「マジで、その気持ちがうれしい!ありがとう!!びえーん」
とするべきで、

「でもでも!私は元々、出してもらおうなんて思ってないし、一言も言ったことないし(笑)」
と言ってはいけません。
(何と言ったかは本文でどぞ)

ここも男性心理レッスンのポイントです。
マメ男さんの発言は心から出ているものだけども
同時に男性心理でもあり、
オレの力で嫁を幸せにしてやるんだよ!!んがんっん!!
ということ。

オトコの方が即物的なので
平たく言うと金かけて「やってやった!」と
成果を取りたい。
その成果は嫁さんのためになってる!と実感したい。

だから、自分がどう思っていてもここでは
「うちのダンナはナンバーワン!!」
「素晴らしいー惚れるーヤバいー」

と言うべきであーる。

どんなにソフトでも絶対に否定してはならない。
言う必要があるなら
「本当にありがとう。でもこの最初だけは自分の力でやってみたいから見守ってくれる?」
「そして私もマメ男のためにもっとできることをしたいの!したいのーしたいの~

であーる。

こう言えばオトコ心理の矜持も保たれる。
オレが金回せないからじゃない!
嫁はちゃんとオレを頼ってるぜベイベ!!
しかもなんていい嫁なんだ!オレはやるぅ!
と思える。

ところでな。
そんなマメ男さんでも
オトコが講師のセミナーにいくというのはいい顔しません。

まだまだダンナマネジメントしまくってください。
おしまい。


あなたの記事も取り上げられるかも?
記事のどこかに「松原靖樹」と入れておいてね。
検索で見つけてネタになりそうなら取り上げます!

前話: 女子の貞操観念。一例

次話: 受け入れると言いますが、LOVE的には・・・・

トップに戻るボタン