自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

メールのやりとりでクロージング


クロージングというとビジネス的に聞こえるかもしれないけどもラブがたりです。
アメンバー記事 最近ずっとQ&Aだったので、新しい出会いについて
の補足。

メールのやりとりがはじまったら、
自然な会話で続くかどうか?のみ注目してください。

自然モードさえ続かない人は脱落します。

同時に、
速く速く!急いでるんだよ!!的な
1通目や2通目からクロージングしてくる人は
全てレス返さないようにしてください。
相手にするだけムダ。

この作業は心身疲労を避けて、
効率よく相手を見つけるのがポイントです。
とにかく急いでいる人は
コミュニケーションミスだと思ってください。

逆に話題が2~3往復したら続かないんですけど・・・
ぐらいが望ましいです。

で、次にやるのがクロージング。

男性の方も女性の方も、
「コミュニケーションはまぁまぁ取れるなぁ」
「がっついてもいないしいい人だなぁ」

とはいえ話題がつきかけてきたんですけど!
となってきたら
相手の懐に入る質問をします。

が、何か?というと

「○さんはご結婚前提で申し込まれたとプロフィールに書かれていますが
なぜ結婚されようと思ったか、どういう人がいいと思われているのか
お聞きしてもいいですか?」

「私は本格的に結婚をしようと思ってここに登録をしたのです。
こんなことをお聞きするのはまだ早いかもしれませんが
○さんはご結婚を考えて登録されたのですか?」

「思い切ってお話を伺いたいのですが、離婚歴があるということだったので
もしよかったらどうして離婚されたのかお聞きしてもいいですか?」

という感じで、
相手の確信となるところを控えめに「聞いてもいいですか?」とクローズすること。
プロフィールに書いてあることから突っ込む。

話題はその中で一番相手が重要視しているか
聞かれたくないと思っているものが望ましい。

やらなければ自然消滅する。

これを聞いて「まだちょっと」とかキレるとか、
悪口が出てくるとかなったらソッコーレス不要。
さよなら。

この相手ならうまくいくかな?と期待せずにやること。
だから、メールもいちいち反応しない。

聞く手順があるだけで、手順上脱落するものを選ぶ。
脱落者にいつまでも丁寧にメッセしない。
違うと思ったら切る。

逆も然りで、残っている人にいちいち思い入れを入れない。
ただ次のステップに進む。
腹を割ってくれたら会える方向に誘導する。

相手が誘いやすいようにしてもいいし
自分から誘ってもいい。

数の次はクロージング。これは営業と全く同じ。
感触を見て削除する人を選ぶこと。
思い入れを入れないことが大事。

トップに戻るボタン