自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ラブの嵐に翻弄されよ!

売れる事業計画の立て方セミナーでも、

本日初お披露目になった事業計画後・・・フィードバック・セミナーでも言っているのが、

年間に大ヒット商品を1つか2つ、安定的に作るということ。

そうして生まれた今年の大ヒット商品が、大阪でブレイクしたラブ資産セミナーというわけです。

それからというもの、ラブの嵐に翻弄されまくりでして、そういう相談も増えたような気がします。

また、アドバイスしたら関係性が向上したという声があちらこちらから聞こえてくる。

ラブ・マスターとか言われても困ります。なぜなら僕の本業は・・・・大福王子なのだから・・・違うわ!

ただしいラブの嵐に翻弄されるために必要なことを書いてみます。

ラブの嵐は作るものでも、やってもらうものでもなく見つけるものです。既にあるものを探す。

そしてここが肝心なのだけど、探す相手、対象となる人は恋人・夫婦ではありません。

その他の異性から探すのです。

もちろん浮気の推奨ではなく、他の人にときめいて恋に落ちればいいということでもないです。

大切なことは、自分が異性からどのようなラブを飛ばされているのか?ということに気がつくこと。

そのラブは、小さくて可愛いものの方が良いということです。

例えば僕は男性だから男性目線で例を挙げると、

顔はタイプではない、性格も合わない、お付き合いはしない、けどもスタイルがものすごくいいと

勝手に受け止めるのもひとつのラブなわけです。

もし「声がいいですね」と言われたら、もちろんのことそれは「ありがとう。嬉しい」ということだし、それもラブ。

人としての愛情や友愛も全部こっちに矢印が向くのなら全てラブです。

これがラブの嵐で、嵐は結構身近にいくつもあるものです。

ので、そのひとつひとつに気がついて、いかに愛して愛されているか状態・・・異性に・・・を知ることが、

異性としてラブ意識を持たれる自分となるわけです。

今、付き合う対象がいない人でも、この考え方は十分に通用して、

異性のラブポイントをさんざん見つけて、さんざん感じて、ラブ力アップすること。

それだけ魅力的な恋愛対象としてのラブ持ちだと、その魅力に気がついて寄ってくる人は必ず出てきます。

言わばラブレッスン。真のラブはそこらへんに転がっているのです。

それを、ラブ度120%でぴったり一致しなければ異性とは付き合えないとかいうところからはじまるとややこしい。

タイプじゃなくても付き合わなくても、各異性のラブを認めることができる、受け取ることができるというのが

ラブの嵐に翻弄される魅力的な人だということです。

(たとえ相手のラブ度が15%でも良いのです。付き合わないと分かっていてもラブ関係を作ることができます)

結婚していても彼氏彼女とラブラブでも、ラブの嵐を否定することの理由にはなりません。

それだけ愛される自分や相手であることが、それだけ素晴らしいラブ価値のある自分・相手ということです。

それだけ素晴らしい関係同士の方が絶対にうまくいくでしょ?

ラブの嵐に翻弄されるには、自分もラブ光線を出す必要があります

勘違いラブではなく、浮気でもなく、純粋にひとりの人のラブポイントを見つけたり認めたりでき、

それを「愛せる」というのがラブ光線基本形です。

ラブの嵐に翻弄されるようになると、同じようにラブの嵐に翻弄される人と出会うことがあります。

この2人がラブの嵐に翻弄×2状態になると、周囲を巻き添えにしてラブの嵐を撒き散らします。

そういうときはなかなかチャンスで、ラブストームよ燃え上がれです。もちろん意味不明です。

てなわけで、身近な異性のラブに気が付き受け入れる、ということからスタートするのです。

松原靖樹の【セミナーを作るオトコ】~長袖編 Powered by Ameba
松原靖樹の【セミナーを作るオトコ】~長袖編 Powered by Ameba

前話: ラブ的過去の記憶・・・・欠落?

次話: カッコ書きを読む~日本人的ラブの極意

トップに戻るボタン