自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ラブもその他も同じです!!

こちらは2010年01月25日に掲載されたコラムです。

何を書いていいのかわからないまま書くので迷走しがちなラブがたり

その調子で?今日も書いてみようかと思います。

で、セミナーをやっていてよく思ったり、はたまた実際に指摘されることに

「それって恋愛でも応用できるんじゃない?」ってことが、よくあります。

個別コンサルをやっていて、たまに話の中で恋愛や夫婦間のことについて

「どうやっていけばいいのだろう?」ということがよくあります。

本質的にやることは同じだったりします。

でね、思うわけですが、

僕のお客さんの中には子持ちのお母さんも多いのでなおのこと思うのだけど、

子育てと夫婦関係に共通しているところはめっちゃあるので、もっとそこを見てほしいと思うわけです。

例えば愛する子供に対して、注意を向ける。できれば抱きしめてキスをする。

必ず一声かけてから何かをするとか、わからなくてもちゃんと説明するとか。

子供に「ねぇねぇ」と声をかけられたら、ちゃんと目を見て話すとか。

そういうことを旦那さんに対して今すぐやればいいと思うわけです。

それだけで夫婦間は円満。安泰。同じことをやるだけ。

そして家族も安泰。子供は必ずすくすく成長します。

良い子育てを考えるだけでも、これはやって方が良いです。

まして今後ずっとラブな関係を続けていくのなら、あれこれ言わずにやる。

子供は賢いので、自分にだけ愛情の表現が向かっていることを理解します。

父親はないがしろにされ、軽く見られている上に、愛されていないと判断したバランスの家庭なら、

その家庭で育つ子供が、本当の意味でいい人間になるはずがありません。

って、子育ての話をしているんじゃなかった。

以前ほど気持ちがないとか、長く付き合うと変化するとか、夜の回数が減ったとか、

そういうのは往々にして接触回数が減っただけということがあります。

(絶対そうだからだと言ってるのではないですよ)

そして子育てを考えれば分かることなんだけど、接触にはある程度の努力が必要です。

ちゃんとそっちを見る。肌と肌の触れ合い回数を増やす。

手をつなぐことでもいいし、キスを習慣化することでもいいと思います。

長くやっていく相手と長くやっていく方法は、短い相手と燃え上がる方法とは異なります。

短距離じゃなくて長距離走。

なんでもそうですが、長くやっていく物事というのはある程度ルール化されます

気持がなくなったからスキンシップが減ったというのは、長くやる努力を放棄している人の言い分です。

長く付き合えば、特に当初のような気持ちがなくなるのは当たり前です。

やるべきことは長く付き合うために何をやっているか?のはずです。

スキンシップも、習慣化・ルール化できます。

なにも難しいことを言っているのではなく、出がけに必ず相手の服を正して肩を2回たたき「今日もがんばって」

の一声をかけるだけでいいわけです。

何かしてほしいときに、体の一部に手を置きながら「○○取って?」でOKです。

それすら難しいのなら、お子さんのいる家庭なら、お子さんに気を遣うように旦那さんに気を使い、

お子さんに接するように旦那さんに接します。

当然「子供で大変なのにそんなことやっていられるか!」という声が聞こえてきますが、

接触にはある程度の努力が必要だということだけは忘れないことです。

家事を役割分担するとか、休日は交互で子供の面倒を見るとか、

そういうのはぜひ後回しにした方がいいと思います。

それから、愛に情熱や気持があるかどうかは、これをやらない理由にはなりません。

うまく行くようにやろうとする自分であるか、何かと正当な理由をつけてやらないかだけです。

あと、相手がスキンシップを(たとえやり方が下手でも)求めてきたら、うまい形で受け止めることです。

長くうまく行くための努力を拒否されると、人は傷つき落ち込みます。

また回復してチャレンジできればいいのだけど、諦めが入ると修復が難しくなります。

「この相手には努力しても無駄だ」と、思われるようなやり方ではなく、

お互いの心がちゃんと通じ合っているなと確認できるようなやり方で受け止めるようにしたいところです。

これも相手を子供に置き換えて考えるとわかりやすいかもしれません。

たとえば、疲れ果てているところに夜のお誘いがあったとして、

「今日は本当にきつくてごめん。明日でもいい?」といいながらギュッと抱きしめるのと、

「だ、か、ら。疲れてるの見て分からないの?」とさげすみの目で見るのとでは、

どんな人間関係でもそうですが、明らかな差が生まれてしまいます。

後者の方を選択すると、少なくとも「この相手と長距離走るのは無理」と思われても仕方ありません。

僕はドSで、彼女に対しては暴君なので「やかましい、話しかけんな」とかガンガン言ってますが、

(反対にロンに対してはめちゃくちゃ優しい)

それでも一応、ちゃんと気にかけ、話を聞くときは聞き、スキンシップはものすごく取るし、

でかけたら帰る前には必ずメールをし、相手が甘えたいということには気持よく受け入れている・・・ハズ、です。

2人の関係性にもよるけども、

大切なことは(子供がいたとしても)2人として長距離を走る適切な方法をやっていますか?

ということなんじゃないかと思います。

少なくともそれをやらずにブースカ言うのは、

ひとりの人としてみっともないのでやめておいた方がいいと思うわけです。

次回のエネルギーワークは・・・8月14日、15日


白ヤギ黒ヤギ & 四門四神 8/10申込締切!!
ブロック解除 & 資質開花 8/26申込締切!!

前話: 計画的デート、無計画デート

次話: サヨナライツカ ~愛される?愛する?

トップに戻るボタン