自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ラブコミュニケーションの鉄則は、


ラブがたりだけど工口くないので一般記事。

昨日ママになったkikkaに会いました。
昔kikkaが4つポジから自分で理論化した
ラブポジをやっていたんだけどね。

そのあたりが全然できてない人が、かなり多いので
ちょっとコミュニケーションの基礎として押さえておこうと。

旦那さんや彼氏とうまくいっている人の特徴は
全国いろいろとヒアリングしているといくつかに絞られるんだけど
この手順もそのひとつ。

まず相手の男性の話を聞く。本心まで聞く(BA)
その求めに応える。必要十分応える(TS)
その次に自分の求めを伝え、応えてもらう(TA)
そのスタイルをお互いの形で定着させる(BS)

あ、ちなみにこれはビジネスでも同じ。

この手順を守っている女子はみんなうまくいってる
と言っても過言ではない。

ガマンの習慣がある人はまず自分の不安をで発揮する。
僕の経験上言うとものすごく多い。

コミュニケーション以前の問題だね。
自分の不安を解消したいだけだから。

をやって以降ができないガマンもある。

能動的、楽天的にをやってができないと尽くすが報われないオンナ、
受動的、悲観的にをやってができないと被害者になる。
どっちにしても気持ちいいものではない。

我が強くて上手くいかず、「いいオトコいねぇかな」と言っているのは
やる気がなく、を先に満たしたいか

によって私がを満たしてあげたいの!
みたいな人かな。

そもそもを目指そうとしない人もいるしね。
自分の感情や内面優位の人とか。

なんか数字いっぱいでわけわからん人は
順番を間違えると全滅、と覚えておけばOK。

こういうのはほんと工口以前の問題で
これがない人とそもそもしたくないよ、オトコは。
(よっぽど受け身な人とか一部例外はいるけど)

そして、こっからが大事なことなんだけども
これは工口でも同じことが言える。
お互いで協力してやることなので
受け入れキャパが大きい女性の方からトライするしかない。

相手に応えるだけで自分の期待することを言えなければ()
なんか違和感感じていつか爆発するだけになる。
尽くす女は本来いいことなんだけど
ガマンと「言えない」の図式が関わってくると破滅だよ?

ましてをすっ飛ばして自分だけ気持ちいいとか論外。
これは男性にも言えることでしょ?

ま、コミュニケーションに関することなんでそんな感じ。
しくみさえ知れば簡単なんだけどね。

女性の場合は感情に流されてやらない人が多いです。はい
これがクリアできている人はやっぱ幸せだね。

トップに戻るボタン