自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ラブ勘違いを正していくため(らぶかんちがいをただしていくため)

本当は自分は能動的な方がうまく行くのか、それとも受動的な方がうまくいくのか?を探ることです。自分のラブタイプがなんとなくわかったら、どのスキルを使ったら自分らしくやっていけるだろう?ということを検証します。実験と検証で相手に合わせるのではなく、自分がスムーズにうまく行く方法を探ること。

前話: 勘違いラブ(かんちがいらぶ)

次話: ラブルール(らぶるーる)