自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

不採用の対象(ふさいようのたいしょう)

「自分」に関わることも【我が世】とは関係がない。二律で言えば「事実」と「現象」になる。どちらも必要ない。「みんな」が関わっていること、世情や流行も「知識・情報」が関わっていることも関係がない。

前話: 「真実」や「摂理」(「しんじつ」や「せつり」)

次話: 採用するもの(さいようするもの)