自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

世には「遅れ」がある(よには「おくれ」がある)

物事には必ず「遅れ」があるものです。「遅れ」が問題になったり、感情的に苛立ちを覚えるのは、予想以上に遅れるか、先が見えないぐらい遅れるか、その遅れの実態をつかむことができないときです。なので、「遅れ」の性質を良くつかんでいる人は世界を制することができる、ということです。

前話: 情報が少なくても成果を上げるものを生かす(じょうほうがすくなくてもせいかをあげるものをいかす)

次話: 「遅れ」を知る(「おくれ」をしる)