自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

予想と予測は違う


こちらは2009年7月16日に掲載されたコラムです。


予想は思い込み
です。

事実確認を含まずに自分の頭の中のデータに合わせて判別します。

事実確認を含まないという点において、予想は空想と同じです。

もっと言えば妄想と同じです。


予測
には2つの成立条件があります。

ひとつは過去の経験から高い確率でそうだと言えるもの。

台風が来れば稲が倒れるというのものです。一般の経験的事実を含みます。

もうひとつは、動的要因を理解していることです。

蛇口をひねれば水が出る、というように

構造やメカニズムがそうであることを知っていることです。

予測は「経験上の理解(過去の事実の理解)」と「動的要因の理解」によって成り立ちますが、

それでも100%の確率で成り立つわけではありません。

100%は事実が生まれてはじめて100%です。

予測によって物事を進めるか、事実によって物事を進めるかはモノによって変わります。

今どちらが求められているかを考えながら進めると、うまくいく可能性がグンと高まります。

コラムを読もう!


ほぼ日コラム ほぼ毎日配信!
ビジネスコラム 隔日配信!
2種類の小冊子 「強み小冊子」と「ビジネス小冊子」販売中!!

とにかく【強み発掘】!!


強み発掘のオンラインワークシステム
強み発掘ワークシート無料ダウンロード

セミナー講師になりたい方へ


「セミナーの講師になるには」案内記事

トップに戻るボタン