自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

人のブログやFBを読んでいるヒマがあるなら、


オレのFBでは自分のフィードに上がってくる人はとても少ない。
関係がある人の投稿すら読んでない。読まなくていいようにフォローをしない。

ブログに至っては周囲の仕事関係者のブログしか読んでいない。

コミュニケーションが大事だと言いながら、
人の動向を気にすることに時間が取られている。
人のブログやFBを読んでいるヒマがあるなら
自分のブログが読まれまくるブログになるために時間を使い
自分のFBが人気になるためにもっと時間を使う。

人のブログやFBをよく読む人ほど
誰かとの会話で「誰々がどうだ」という最新情報、最先端情報を話すことになる。
当たり前。注目しているから。

つまりは、
自分のブログがもっと読まれ、FBが人気になることに時間を使っていない。
注目していないから。

注目したものが強くなったり上手くなるのは当然で、
注目は数、回数など量があるものに対してされる。

自分のブログのことばかり考え、FBのことばかりトライしていると
そこに自分の注目が集まる。
もっと読まれるようになり、もっと人気が出るのは必然。
そして、他人のブログを読むヒマは必ずなくなる。

注目しにいく多数の1人になるのではなく、
注目される唯一の1人になることが大事なら
余計な情報を省いて自分に集中するべきだ。

具体的にはたとえば、FBのフォローを消す。
消しまくり10人ぐらいがUPされるようにする。

代わりに時間をアウトプットに使う。
投稿を増やす。
写真の取り方を工夫する。
なるべくいいねを押す。
ついたコメントにうまく応える。

こちらから人のことをどーのこーの言う習慣ではなく(人のツールチェック)
ついた人のことに具体的に応えていく。(コメント)

自分が核にするべきこと、
核に対して何をやるべきか考えること、
その結果を出すこと。

ただ単純にこれをしていない人は多い。
これを継続している人が人気がある人だし
自己プロに成功している人だといえる。

トップに戻るボタン