自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

人の心は「強い」で動く


こちらは2008年12月24日に掲載されたコラムです。

一人踊るセミナー・ジャンルの一言編です。
コンサルティングなどでよく見かけることを話題にしています


人の心が動くとき、

背景にあるのは「正しい」「良い」ではありません。

人は「強い」ものに心を動かされます。

「強い」ものに動かされ、後で「正しい」「良い」と理由付けをします。

強いものには

  感情

  論理

  カリスマ

  継続的習慣

などがあります。

反復は強さを増幅させます。

メディアに何度も出ていると正しく(良く)思えるのは強さの増幅です。

しかし。

感情が動いたもの、論理的に正しいもの、カリスマの発言や経験、自分の習慣は

力強いものであるとしても、今日の自分に必要なものだとは限りません。

「強さ」によって動く(流される)のではなく、

「反復」による刷り込みに影響を受けるのでもなく、


「今日の自分に必要なこと」を自分で選んで動くこと

結局は自分の道筋を自分で作るということです。


「今日の自分に必要なこと」に、「強さ」は全くの無関係です

トップに戻るボタン