自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

人は上手くできているものはもう十分できていると錯覚する(ひとはうまくできているものはもうじゅうぶんできているとさっかくする)

人は上手くできているものはもう十分できていると錯覚する。だから、本当はもっと手を入れればまだまだ簡単に成果が上がるものであってもそれ以外のちゃんとしていないところに視点を奪われてしまう。これがビジネス上(それ以外の物事でも)最も邪魔、かつムダな行為になる。

前話: 摂理系の、人間の可能性(せつりけいの、にんげんのかのうせい)

次話: 整合性のあることをやってしまうと成果が下がる可能性がある(せいごうせいのあることをやってしまうとせいかがさがるかのうせいがある)