自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

人を紹介しまくる記事を書くこと

久々にブログ(FB)的話題になるけども
自己プロデュースとビジネスも兼ねていることなので。

1日に1記事か2記事、またはFBなら1投稿、2投稿は
人の紹介記事、人の商品のオススメ記事を書こうや、と思う。

この効果を知らない人が凄く多い。

もちろん適当に誰でも紹介すればいいのではなく
主に自分の心が動いたとか、本当にいいなと思っているものが良い。

「そんなに心が動くことないよ」ともし思ってるなら
それはブログやFBという発信媒体を通じて

「私は心ニブい人です」
「私は心動くことに全く注目してません」

と告白しているようなもので
もうこの時点で書く媒体使ってることがアウトだわな。

まさかのできない激白。

人や商品を紹介していると、ひとつ目のメリットとして
そのうちの何人かに1人は紹介記事を逆紹介してくれたり
別のことで自分を紹介してくれることがある。

相手が1記事使って自分を紹介してくれると
アクセスは流れやすいし
興味を示す人が必ず出てくる。

これはプロモーション上もビジネス上も有利を生み出す。

特に良いものを紹介するが、同時に
読者のみなさんが求めている人や商品も出せると
そのブログは読者にとって

「読んでおかなければ損」
「いい情報はあそこに集まる」

という中心選手みたいな役割を担うことができる。
この効果を知っている人は
そのためにブログの記事を作る、という人もいる。

読者が求める情報を中心に記事を書きまくる。

人が集まるブログになるということは、当然
プロモーション的にもビジネス的にもおいしい。

たくさんの人やサービスを紹介し続けていると
読者心理的に、
「この人はたくさんのつながりのある人だ」
という理解を進める。

たくさんのつながりがあるということは
人付き合いやコミュニケーションが良い人だろうし
ということはいざ会っても話しやすいかもしれない。
会うことが怖くないかも。

中心選手みたいになれる人なんだから、
自分が集まっていっても嫌がられることはないだろう。

あわよくば何か紹介してくれるかも?

と思わせるに十分な、心の抵抗をなくさせてしまう。

人は、ある人を見て
他の人とどのように接しているか?が凄く気になる。
自分がイヤな想いをしないために。

その人が積極的に人に関わり、
人が積極的にその人に関わることがわかれば
安心もするし、集まってもいく。
なんなら商品を買う。

というメリットだらけのことなんだが、
ほとんどやっている人がいない。

ちなみにオレは初期の頃はずっとそればっかやってました。
今でも隙あらばやってますがね。

それはできるけど文章書くのが苦手なんだよなという方はこちら

この記事↑を紹介する記事書いてアメリンクに自分のリンクを表示させましょ?

前話: パッケージを変える(と、売れる)

次話: イノベーション16~~不足イノベーション

トップに戻るボタン