自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

人間性を扱う(にんげんせいをあつかう)

自分の次に扱うのがみんなとの関わりでこれは人間関係と呼ばれている。人間には人間だけが優れて持っているまたは扱うことができる人間性がある。例えば愛は誰にでも備わっているけども自分の形は自分で作れる。人にしかできない創造があり、なぜか人間はそれを生み出そうとする。自分に得意な生み出せるものを生み出す。

前話: 資質を扱う(ししつをあつかう)

次話: 止めるものを探る(とめるものをさぐる)