自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

休むということ(やすむということ)

立派に「仕事」であって、人が休んでいる間も自分は練習する的自己犠牲はしない方がいい。自分で自分のために時間配分を考えるのはとてもいいことだと思うのだけども、じっくり休んだ方が結局は配分良く進むことができる。止まって休んでリラックスしているのに、より良く進むことができる。

前話: ブロックを色々と取ったり、もともと素直な人、敏感で繊細な人(ぶろっくをいろいろととったり、もともとすなおなひと、びんかんでせんさいなひと)

次話: 自分を効果的に休ませることに取り組んでいる人(じぶんをこうかてきにやすませることにとりくんでいるひと)