自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

作業(さぎょう)


作業は必ず増える一方です。忙しいほど何かに打ち込んでいる自分を認められる、と勘違いしている人が事態に拍車をかけます。作業のほぼ20%はやはり不要で、これを省いて仕事を効果的に、作業を効率的にする必要があります。