自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

使えるブログスキル ~質問と投げかけはしない方がいい

こちらは2009年3月15日に掲載されたコラムです。

ブログでよく、読者に対して投げかけ文や質問文を書いている人がいます。

たとえば「○○は、あなたにもきっとあるはずです」とか
「~です。あなたはどう思いますか?」とか。

結論から書くと、それはしない方がいいということになります。

その理由を書きます。

理屈は少々複雑です。

「読まれるブログ」に共通した特徴は、

読者の読みたいこと、聞きたいこと、読者が私に求めること、
にうまく応えているブログです。

つまり【読者中心】である、ということです。

に対して、ブログという「物」に対する読者のイメージは「日記」です。

日記は読まれることを想定せずに、書くものです。通常は。

ということはブログは【自分中心】に書くものということになります。

しかしブログは日記でありながら、同時に人に読まれるというものです。

人に読まれるから【読者中心】で書かなくてはなりませんが、

同時に日記であるので【自分中心】で書かなくてはなりません。

どういうことか、もっと適切に表現すると

【内容】は人に読まれることを前提とした、完全に読者中心の中身でなくてはならないが、
【書き方】は日記なので自分中心で書かなくてはならない

ということです。

自分中心で書いているのに、
読者に向かって「投げかけ」「質問」をするのはおかしいということです。

読者にとって日記であるブログを読む楽しみは「覗き見」にあります。
人の日記を読む楽しみは(意地が悪いですが)覗き見です。

ブログがいかに公開されているものであるとしても、基本日記であるものを覗き見した時、その「覗いた人へのメッセージがある」というのは読んでいる人にいまひとつスッキリ感を与えません。

たまにとか、サービスの告知ならいいのですが、

続けてしまうと読者に「我慢できる少しだけのストレス」を与えることになります。

少しのストレスは数回なら何と言うことはないけども、
蓄積されると結局「読まない」ということになります

そのため、「投げかけ」「質問」はしない方がいいと言えます。

つまるところ、読者中心であり、かつ自分中心であるブログが
読まれ続けるブログのひとつの条件になります。

前話: キモチ悪いマニュアルの世界

次話: 時間がないとき、どんな記事を書くのか?

トップに戻るボタン