自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

価値基準は僕の場合2(かちきじゅんはぼくのばあい2)

2、ルールを強要されたり、ルールを背景に強く出る者に敵愾心を燃やす。子供のころから、誰に教えられたわけでもなく個性の目を摘む全体性の押しつけに対して感情的に怒りを感じ、必ず抵抗と反発を示す。半分条件反射。たぶん脳で考えてすらいない。感情の不整合などに左右されない、真の怒りというものがあってそれも価値基準になる。

前話: 価値基準は僕の場合1(かちきじゅんはぼくのばあい1)

次話: 真摯さに重点を置きすぎると堅物になる(しんしさにじゅうてんをおきすぎるとかたぶつになる)