自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

先取りを止めると、先取りの精度が上がる(さきどりをやめると、さきどりのせいどがあがる)

未来を先取りしようとする態度は、現実に合っていない未来を願えば適う的に夢見ながらやっているだけです。または直感的に先読みができるからつい先のことを組み込んでしまう。が、その未来も確定しない。結局のところ先取りを止めると、先取りの精度が上がる・・・という逆説が組み込まれているわけです。

前話: 未来を先取りすることができる力はいつ使うのか?(みらいをさきどりすることができるちからはいつつかうのか?)

次話: もういい加減にしろ(もういいかげんにしろ)