自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

内側の真実(うちがわのしんじつ)

まだ外の世界(行動・成果)で役立たない。形になったこともない。だが自分だけがそれが正しいと知っている。そういう物事を長期記憶から探る。それはひとつの自分の軸であり、世界の先駆者であって自分の中にあるものが世界の最先端であることを証明する。この内側の真実を自分の核にして外の世界に新しい形を投げかけていくといい。

前話: 自分だけが見出している真実で本質(じぶんだけがみいだしているしんじつでほんしつ)

次話: 自己矛盾(じこむじゅん)