自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

内側(思考、感覚)を鍛えるやり方(うちがわ(しこう、かんかく)をきたえるやりかた)

考えをもっと熟練させ、必要な情報を得て、必要な学習をしたら結果がもっとUPするのではないか?その直感や感覚をもっと鍛え、磨き、敏感にすれば結果がもっとUPするのではないか?と考える。内側を熟練させることで外側の反映を高める。何をどの程度磨けば、何がどのくらい高まるのかを検証する。

前話: 他のジャンルで同じことをやってみること(ほかのじゃんるでおなじことをやってみること)

次話: 「省く」「付け加える」「改善修正する」(「はぶく」「つけくわえる」「かいぜんしゅうせいする」)