自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

初デートを90%以上の確率で失敗させる「禁断の話題」

こちらは2009年2月18日に掲載されたコラムです。

アメーバニュースから抜粋。

この初デートで、絶対に話題にしてはいけないテーマ
それは、以下のどちらでしょうか?

1. 映画について
2. 旅行について

ということを精神科医のゆうきゆう先生は、
自身のブログ「心理学ステーション」にて話題にしていました。
上の問いのヒントは、男と女の感性の違い。
もし、
「話題にしてはいけないテーマ」を選択してしまうと90%以上の確率で、
カップルになれない
そうですよ。

その答えは…   「映画について」なんだそうです。

「アクション映画」が好きな男性は49%にたいして、女性は18%。
「ロマンチックな映画」が好きな女性は29%にたいして、男性は4%。
このように、映画に関しては、男女の趣味が大きく変わります。
さらに映画の数は、無数にあります。 そのため、「あの映画、面白かった」「同感! 私も!」というトークを共有できる可能性は、かなり少なくなります。
さらに片方が見ていない映画の場合、「どう面白いの?」と聞かれても、
オチに関わる部分は言えませんので、中途半端にしか話せません。 そのため映画の話は、なかなか共感できず、カップルも生まれにくい…というわけです。

なんだそうですね。

で、実はデートの話題ではなく読まれるブログのための話題なんだけど、

記事にしてウケの良いものと悪いものがあります。

ブログのセミナーではやはり
映画の話題は避けるように話しています。理由は上にあるとおり。

同じような理由で音楽話題を避けた方がよいです。

社会時事問題なんかも同様に避ける話題で、
わざわざそのブログに読みに来る理由がないからです。

逆に話題として取り上げていいのは、代表的なものは飲食

200912201445000.jpg

基本的に食べることが嫌いな人はいません。

レストラン情報は読者にうれしいし、今日の晩御飯などはレシピに困る主婦に喜ばれます。

あとは本・読書

本は映画と同じでヒットする確率は低いのですが、
そもそもブログの読者は活字を読んでいるので、同じ活字話題はOKです。

初デートの映画話題が禁断なのは、お互いの話や好みが一致しないからです。

ブログで映画話題が禁断なのは、
自分の好みを読者が受け入れてくれない(確率が限りなく低い)からです。

結局デートもブログも、
相手ありきの自分という関係という意味では共通しているみたいですね。

前話: イノベーションしたくなるお年頃(・・長文)

次話: キモチ悪いマニュアルの世界

トップに戻るボタン