自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

努力しなければ意味がないという思い込み・・・一種のブロックがある人(どりょくしなければいみがないというおもいこみ・・・いっしゅのぶろっくがあるひと)

努力できるようにするために、前提として苦しいものを選ぶし、その選んだものをでも「努力によって」良くするので、良くなればなるほど「努力できなく」なってきます。そうするとその状態がマズくなるので、自分で努力できるような状態に引き下げるために、いろいろと「問題を起こす」ことをやりはじめます。大体ここが無意識のブロックです。

前話: 自分を上手く運ぶということ(じぶんをうまくはこぶということ)

次話: 無意識のブロック(むいしきのぶろっく)