自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

勘違い(かんちがい)

個性と社会性を重視する親も「偏った個性」と「偏った社会性」によって子育てをし、その子自身を生かすというよりは他にその両方を両立できる人がいないからという消極的な理由で「うちは子育てに成功した」「子供はいい子に育っている」と勘違いが生まれる。

前話: あり得ない(ありえない)

次話: 正しい理由によって子供が曲がる(ただしいりゆうによってこどもがまがる)