自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

受け入れることと言いなりになることは違う。


だいぶ前に下書きに入れてそのままにしていました。

受け入れるという行為をやる背景に、素直さは必須
受け入れるというのは、
素直というのは、
得た情報を自分のふるいや世間のフィルターに通すことなく
そのままありのまま自分の心内に落とすということ

考えない。
感じない。
ただ、そのままピュア度100%で自分のものにすること

ある意味盲目的で、
ある意味依存的で、
ある意味自分を明け渡して、
ある意味自分を捨てる。

でなければ、必ず自分自身・・・というのは、過去培って来た自分による
検閲をかけてからの情報受け入れになってしまう。

気に入らない、反分子をあらかじめ排除するのが検閲。
秦の始皇帝が行った焚書のようなもの。
中国ではgoogleが見れないようなもの。

受け入れる素直さというのは、
検閲を全くかけずピュアに100%受け入れること

なんていうことを言うと、
人に支配され、制御され、枠にはめられ、束縛され、
自分を生かすことはできず、
窮屈で人に屈服した人生を歩まねばならぬ・・・みたいな
超ネガティブ的被害妄想をする人が少なからずいる。

誤っている。

素直に受け入れなければ情報は曲がる
検閲済みになってしまう。

例えば、解釈を入れる。
例えば、理解しようとする。
例えば、イメージ化する。
例えば、自分がなじみ深い言葉や概念に翻訳する。

理解や納得のために、
または感情の整合性のためにこういうことをやってしまうと、
ただちに検閲済みになる。

元の言葉や意味、概念は曲がってしまって
自分の脳内理解に合わせた「違うもの」に変化する。
このリスクは大きい。

だから100%ピュアに入れ込むのだけども、
それをすることと自分を明け渡すことはリンクしない
ネガティブ的被害妄想の出番はない。

ただ純粋に、100%を受け入れを試す。
自分に合っているか、物事的に整合性があるかを見る。

合っていなければやめればいいし、
整合性がなければ不採用にすればいい。
受け入れる前に恐れによってはじいてしまう必要はない

人の言いなりになって屈服する気分になる人は、
つまるところ
素直ではなく、受け入れることを知らず、
だから恐れ、不安に思い、
ネガティブ思考によってあらかじめ壁を作る。

つまりブロックする。

100%ピュアに受け入れても、言いなりになどならない
違うとわかればやめればいい。
100%ピュアに受け入れなければ、そもそもそれがどうなのかわからない。
わからないうちから、わかったフリをするのは人としていけ好かない。

といって、何でもかんでも素直に受け入れればいいとう話でもなく、
誰の言葉を、考え方を受け入れるのかを自分で選ぶ必要はある

【関連記事】 「自覚の欠落」が誤りを生み出す

人を選んだら、あとは盲目的に受け入れる。
これは自分を失うことにも、尊厳を軽視することにもならない。
むしろ
自分の可能性を高めるための知覚の採用になる。

一度素直に受け入れると決めたなら、
考え、感情、行動面の何がおこっても
ごちゃごちゃ言わずに受け入れる。

例えば、僕は
相手が僕の言うことを受け入れると決めて受け入れないなら
「ごちゃごちゃ言わずに聞いとけばいいんじゃ」と言う。

相手が選んだ相手の方法を尊重するから言う
自分で自分の尊厳を裏切っていることを許さない。
自分の支配下に置き、便利に活用したいから言うのではない。
決断してやらないのなら最初から決めなければいい。

それを言う立場にある者は、

自分の論理に間違いがないか、
自分自身は素直で受け入れる人であるか、
間違いがあれば認めて修正できるか、
本質に迫るためにあらゆる視点を身につけているか、
あるいは身につけようとはしているか、
わからないことをわからないとできるか、
肯定と否定と保留がどのような場合もあるとできるか、
相手を尊重し尊厳のために行うのであって、それ以外のために行わないとできるか、

というようなことは、必ず求められると思う。

膨らませて言えば、
セミナーという人に何かを啓発する仕事をしている人は
すべからくそうあるべきではないかとすら思っている。

これがあるから、これをやる人がいるからはじめて
人に「素直で受け入れること」を勧めることができる。

または、人を素直に信頼して受け入れるということをやることができる。

これができない人の声を受け入れてはならないし、
これができる人だけが「素直に受け入れるといい」と言っていい。
それも必要なときにだけ言っていい。

素直さや、受け入れの誤認を力のある者が行うから、
正しい受け入れの形は葬り去られ、
人を言いなりになる恐怖先行にさせてしまう。

やる方にも、やられる方にも、問題はある。
受け入れるという方法の、本当の素晴らしさは誰も教えてくれない。
自分をどのようにうまく運ぶかわかっていない。

だから人を選び、100%ピュアにやってみて
どのように上手く運ぶかを自分なりに検証しなくてはならない。

この検証がうまく、スムーズにできる人が
つまりは素直に受け入れてもらって良い信頼できる人になり得る。

トップに戻るボタン