自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

商品構造を改善するとき、最も気を付けるべきこと(しょうひんこうぞうをかいぜんするときもっともきをつけるべきこと)

先にその商品を利用したお客が損をしないように気を配ることです。

前話: 商品構成の見直し:分析(しょうひんこうせいのみなおし:ぶんせき)

次話: 態度によって色眼鏡を外すことはできません(たいどによっていろめがねをはずすことはできません)