自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

問題を起こす構造を作ってしまう(もんだいをおこすこうぞうをつくってしまう)

派手で目立つものは評価されやすく、地味で確実なものは評価されにくい。だから、評価されたければより派手に目立つようにうまく立ち回ることを覚えた方が良く、そして往々にしてそういう方法というのは、問題を生み出すような構造を作ってしまう。

前話: 社会的評価(しゃかいてきひょうか)

次話: 物事を進めるのに大切なこと(ものごとをすすめるのにたいせつなこと)