自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

多角学習で必要なこと(たかくがくしゅうでひつようなこと)

あるひとつの物事に対していくつもの道を持つこと。いくつもの道を自由に選ぶことができ、かつ、自分らしい道が何かを知っていること。自分らしい道を見つけることが、自分にとっては本当の道になるはずです。 (その道を選ぶかどうかは別として)

前話: 幅がないということ(はばがないということ)

次話: 思いこみでひとつの「道」を全てとしている人(おもいこみでひとつの「みち」をすべてとしているひと)