自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

多重的に物事を見る(たじゅうてきにものごとをみる)

世界を広げるということです。世界そのものが変わっているので、今までのやり方は通用しないから新しい世界に適応できるやり方で行っていく・・・ということです。今までのやり方は全く通用しないというのが多重的に知覚を広げる時の前提です。

前話: いちジャンルで多角的に見ることができる人(いちじゃんるでたかくてきにみることができるひと)

次話: 知覚を広げる(ちかくをひろげる)