自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

守護霊の特徴とは?


守護霊の特徴を聞いてきたのでインタビューではないけども。
クローズのセミナーで聞いてきたことも含め。

ひとりに1~10人ぐらいつくが、4人までが多い。1人か2人が多い。
守護霊の姿、過去の仕事でやっていたことが自分の力になる
守護霊と話、助けてもらうというよりは力をそのまま使える、という方が近い。
ただ、守護霊の力を生かすには感謝をする。
もっと力を生かすには、守護霊が生前持っていたものを持つ。動作を同じにする。

守護霊から人間になったケースは今のところ見たことがない。
転生しても同じ守護霊がつくことはある。
命を落としそうな危機がなぜか救われたならそれは守護霊の力。
先祖が守護霊になっているケースは稀。
守護霊は全部の転生の中での最も良い時の姿をしている。

守護霊を増やす、入れ替えることは基本できない。
人生の転機があれば入れ替わりや増えることはある。
入れ替わりや増えた場合は定着するのに半年かかり、その間ゆらぐ。
普段は後ろの方に隠れていて出てこない。
本人が二次や逆次でも、忠実に力を発揮する。

守護霊がない人は今のところ見たことがない。
生前に関係がある人がつく場合、転機に助ける人がつく場合、たまたまの場合の3つがある。
完全に霊統で血統や神様とは連動していないみたい。

このぐらいかな。
いろいろと忘れてる気がするけど、まぁこんなもので。

【エネルギーワークで遠隔セッション】

構造ブロック解除セッション

トップに戻るボタン