自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

定性の結果(ていせいのけっか)

それが出たからといって必ず意識するということにはなりません。ひとつの目安や指針として知っておくだけでいい場合もあるし、半年や1年のヒアリングの結果と比較して検証する場合もあります。結果に偏りがあり、かつ特徴的で自覚に乏しいのなら、意識して取り入れ、方向性を定め直した方がいいでしょう。

前話: 読者登録(どくしゃとうろく)

次話: 自分が提供している価値は何か?をヒアリングをするなら(じぶんがていきょうしているかちはなにか?をひありんぐするなら)