自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

定期メルマガから【過去は語らなくて結構】

定期メルマガ、不定期に書いてます!!
ここから登録できるので、まだ読んだことがない方はぜひどうぞ。注:まぐまぐとは違うよ

定期メルマガ復活しました!!

ブログには書かない裏コラムや
最新情報をてんこ盛りにしました!!
こちらのメールフォーム からどうぞ

毎回ここで公開するときは過去のメルマガコラムをアップしてます。
今回は10年5月のメルマガコラムからどーぞ。

 僕は自分が書いたコラムをほとんど見返すことがありません。
 一度読んだ本も読み返さない。
 自分が書いたものや他人が書いたものを読み返すことの効能は知っているけども、
 僕にとっては必要も興味も湧かない物事で、
 つまりは過去過ぎ去ったことにいつまでもトライすることに興味がない・・・
 ということです。

 が、こだわり過ぎて「絶対そういうのはダメ」と思っているわけではありません。

 ただ純粋に、今の自分にとって必要なことが過去にはなく・;・未来にもなく、
 今にしかないという前提でいるからです。
 今得られる何かを得る、というスタンス。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 僕は年の重さというのはやはりあると思っていて(普段重視はしないけど)
 荘年を迎えたときに古い話をするのはものすごくありだと思っています。

 それは若い人にとっては新しい話でもあり、
 体や考えが思うように動かなくなった人にとっては
 自分が作りだしてきた今を紡いでいるのであって、
 決して今を生きていないわけではないから。

 老人の昔話にはすべからく耳を傾けるべきだと思っています。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 が、体も頭も情緒も活発に活動できるうちから昔話を滔々と話すのは
 やめた方がいいというか、醜い。
 おっさんがそういう話をした時にウザさを思い出せば、
 たいした実績のない中年がエラそうに語る場面を想像すれば、
 そういうのは醜く、くだらないのであって真似することじゃないのが分かるはずです。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 過去過ぎたものに支配されるのは、過去バナだけではなく目標なんかもそうで、
 目標は長期になればなるほど、3年前5年前の自分に縛られていることになります。

 今を5年前基準で生きてどうする。
 つまりは成長していないということです。
 
 同じ本を何度も読むとか、アルバムを見返してノスタルジーに浸るとか、
 過去の栄光によって物事を語るとか、目標によって未来に進むとか、
 そういうのは全て・・あえて断言するけど・・過去に生きる人のいいわけ材料です。
 
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 今、今日やることを考えてみる。今日やることがある。
 言いたいことはたったそれだけのことで、
 明日に向かって駆け出せとか、過ぎたことにいちいち目を向けるなとか、
 そういうことを言ってるんじゃない。

 今日を積み重ねないなら、昨日は無駄。なくてもOK。
 今日やることやらないなら、明日は今日の復習だけ。無意味。

 ただそれだけのことなわけです。
 まぁ純粋に人の過去バナはウザいということもあるけどね。
 そういうのは人に求められた時に話せばいい。
 過去を振り返るのは必要な時にやればいいのであって、
 今の価値観に持ってくることではない、ということです。
 
 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 ということは、過去から現在に至るまでずっと続けてきたことや、
 価値を生み出してきたことも終わることがあるし、終わらせて良いということです。

 つい、継続してきた自分の間違いを否定する気になって正当化して続けるとか、
 そういうのは全くもって無駄。
 何でもすぐに止めればいいとは言わないけど、自分で自分を縛る鎖に
 過去を使っているのなら本当に醜い、ということです。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 過去をよく覚えているという特性を持っている人もいて、
 それを生かす強みのある人もいます。
 それは強みとして使われているのであって、
 過去基準で今を生きているわけではないのだからそういうのはとってもOK。

 そうじゃない大半の人は、今・今日のことをよくよく考えて
 過去云々はどうでもいいので、現実を見る目を養うことだと思います。
 究極、それ以外のことはどうでもいいというスタンスもありなぐらい、で。

不定期な定期メルマガ、明日か明後日に発行します!!

前話: 強みを生かせ 【ドラッカー012】

次話: 定期メルマガから【愛って何よ?】

トップに戻るボタン