自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

尊厳に、守るべきルールなど通用しないということ。


スーツケースを自由が丘のスタバに忘れてきたので戻り時間使ってコラム?アップ。

大英帝国時代の議会で実際にあった発言

奴隷制度というものは人類の歴史が始まって以来存在するものであり、地域によっては神によっても認められている。奴隷解放などという思想は、単なる滑稽無糖な思想にすぎない。世間の人々は、植民地の奴隷などのことを心配するより、英国本国の下層階級の境遇の改善に関心をはらう方がはるかに健全ではないか。

オレはね。
個人的に、

今までやってきたからとか、
やり方がわからないとか、
イメージできないとか、
回りはそんなことやってないとか、
長い歴史があるとか、
これが自分のやり方だから尊重しろとか、

そういうもっともらしい言い訳と正当化を並べて
自分で自分を奴隷にし、
自分の尊厳を積極的に踏みにじっているヤツが大嫌い。

ごちゃごちゃ言わずに、
奴隷根性の正当化はやめればいいんだよ。
っていう話

トップに戻るボタン