自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

居場所の精査(いばしょのせいさ)

環境に自分を応じさせるのではなく、自分に、環境を応じさせる。合わない環境に居続けることは、自己が死に、家畜化されるということだから、それを積極的に避ける。自分の居場所に適切なものだけを残す。ある意味、生物的に、人間的に組み込まれているメカニズムへの挑戦であって、人間の大きな可能性とも言える。環境すら選ぶ。選べる。

前話: 適応、順応に流されない人(てきおう、じゅんおうにながされないひと)

次話: 居場所(いばしょ)