自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

幸せである(しあわせである)

ただ幸せであるという自分がいるということが大切で、もし不幸せ化しているのなら、わざわざ自分で不幸せ化しているその物事を最初のありのままの状態として受け入れればいい。それが幸せだと感じられれば確かに幸せなのだろうし、そこに何も感じず、普通の状態であったとしてもそれはやはり幸せである、ということにかわりない。

前話: 成功と幸せ(せいこうとしあわせ)

次話: 自分不在(じぶんふざい)