自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

幸せ系は摂理系です。


幸せ系は「ある」という意味で摂理系です。
摂理系の人が真実系をやろうとすると
ものすごい不整合が生まれます。

逆はあり。

真実系はそもそも人間が
大きな自然の力に飲み込まれないように
自分たちで作り上げてきたものなので
真実系(成功系)に偏ったものを
摂理系(幸せ系)に戻すのは
人のあり方としてOKです。

幸せ系が人間世界のルールや決まり事に当てはまり過ぎて
優秀でなくてはならない・・・なんてことをやりはじめると
弊害をまき散らすことになります。

ただ、あればいい
のに、
する、ということをはじめる。

もちろん人間だから、やっていいこともたくさんあるんだが
特に処世術に流されるとややこしい。

摂理系が心がけるのはあり方です。
4つポジでいうと、TA,TS,BA,BSの順に
自由、愛、創造、現実の4つ。

ちなみに真実系は
意識、流れ、想定、決断の4つ。

摂理系と真実系が連動しているように、
この4つも連動しています。
どっちがどっちと明確な線引きはできない。

でも、
心がけることはできる。
もっかい言いますが、
摂理系が心がけるのはあり方です。
余計なことはしない方が自分のためです。

【関連記事】
二律について。

トップに戻るボタン