自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

引き寄せの法則はない


こちらは2009年6月11日に掲載されたコラムです。

※長文ご注意

あまり他人の理論をどうこう言うことはないのですが、

個別コンサルでよく間違った考え方として定着しているのを見かけ

いつも説明を試みているのでここで書いてみようと思います。

ブレイクしている、いわゆる引き寄せの法則

残念ですが、そういうものはありません。

引き寄せの法則と呼ばれるものにある要所は、集中またはフォーカスです。
(どちらも同じ意味です)

これまでひとつの視点や、ネガティブな方向性でしか意識していなかったものを

意識的に見る向きをずらすことで、知覚できなかった分野を手に入れることができる、
ということです。

というと、偶然手に入ったことに対しても必然とか、自分への流れを作ったとか

そういう見方もあるだろうし、できるじゃないか?やっぱりあるじゃないか?
という考えもあると思います。

この考え方ははっきりと間違っています。

「流れに乗る」「流れが来ている」というと、いかにも幸運を手に入れたような、

偶然が混じっていそうで、実は必然というような、いろいろな理由付けがされていますが、

流れはそもそも毎日たくさん自分に流れてきています

取りたてて騒ぎはじめるほどの、ものすごいことではないわけです。

自覚、無自覚を問わず、われわれは流れを毎日いくつも手にしています。

ので、

「チャンスが来たときにそれをつかむ準備云々」という考え方はかなりの間違いを含んでいて、

チャンスなんか日にいくつもいくつも飽きるほど来ているわけです。

それをタイミングではないとか、無自覚とか、ブロックなどで
取らない選択をしているだけのことです。

この流れの中から、自分にとって都合のいいものをはじき出すのが引き寄せの法則です。

引き寄せの法則は、

・流れに対して

・意識をフォーカスすることで

手に入れたいものが手に入るという図式になっています。

願ったから、意識したから来るのではありません。順番が逆です。

毎日来ている溢れんばかりの流れの中から、
都合のいいものを選ぶ視点を身につけた、ということです。

こういう考え方は、
現在マイナスの世界にどっぷり浸かっている人には一定の効果を出します

逆にマイナスの世界をクリアにして、
これから自分のありのままで勝負する人には何の役にも立ちません。

流れの中から何を選びとると本当に自分のために良いのか?

という質問に対する答えには、

現在の自分の大きな流れに対して次のステップを見たときに必要なものを捉える

という答えが適切で、

自分が欲しいもの、やりたいこと、手に入れたいもの、好きなこと、
を引き寄せることが重要ではないからです。

自分の過去から現在の流れを見返して、適切なものを選ぶというのは

欲しかろうが欲しくなかろうが、やりたかろうがそうでなかろうが、
手に入れたいかそうでないか、好き嫌い、

などを全く必要としないからです。

言うなら、引き寄せの法則は欲求や希望のままに、
自分にとって不適切なものを自覚なしに得る(正確には流れの中から選択する)
とも言えるわけです。

流れを知り、意識とフォーカスの力を使えば、

ほぼ誰でも流れの中から必要(だと感じるもの)を選びとることができます。

何かを引き寄せているわけではありません。

ちなみに「強み」にも「なってしまう」という種類のものがありますが、
それですら引き寄せるなどということはありません。

その人だから、そうなる

他の人が同じようにやってもそうはならない
つまり引き寄せることなどできないということです。

そうやればこうなる、という当たり前のことにひとつひとつ過激な反応をするのは、

ダメだとは言わないけども少し待った方がいいのではないかと思います。

しかも、根本的に自分に良いとする方法であるかどうかわからないうちに、考えないうちに、

それをよしとして使いすぎるのはいかがなものか。

引き寄せの法則という言葉を使うたびに

「自分はこれまで流れを意識しなかったし、フォーカスしたことがない人だ」

暴露しているようなものです。

そんな法則を使わなくても、
人は自分にとって良いものを毎日無自覚、無意識に選択しているし、

それを振り返ったり、気がついて、

いかに自分が流れを選んで今の自分を確立しているか

を知ることの方が

今の自分をダメだとする前提の上に他人の法則を使うよりもはるかに大切だと思います。

と、いう話はよくするので書いてみましたが、最近メールでも問い合わせをもらいました。

同じようなことを書いたら、

とある商売をしてる方がブログに、

「今、私の欲しいもの○○と○○です。」

と書かれた数週間後に

「引き寄せました!○○さまありがとうございます。」
という記事があり、

「そりゃ引き寄せじゃなくて、単なる公開おねだりやろ、、」

と突っ込んだこと思い出しました。

というレスをもらって微笑してしまいました。

自分で自分を振り返らず、外の世界にある法則に頼るのは

シンプルだけどこういう笑い話程度のことでしかないのではないかと思います。

とか言いながら、最後におねだりの法則引き寄せの法則を使ってみよう。

まんじゅう怖い。まんじゅう怖い・・・・。

トップに戻るボタン