自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強みとルーティンワーク(つよみとるーてぃんわーく)

才能やセンスは当然必要で、それでも圧倒的な評価を受けるのは初期。発展し、評価される。事業としても伸びる。だがそれが2年目になり3年目になり、5年、10年、15年となる。長く続けることができるのは、もはや才能とセンスではなく、生み出し続けることができるという強みとルーティンワークによる。

前話: 脳内変換(のうないへんかん)

次話: 緩やかに自分を殺す毒薬(ゆるやかにじぶんをころすどくやく)