自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強みや才能を駆使している人(つよみやさいのうをくししているひと)

ままよくあるのは、家庭やプライベート、人間関係がぼろぼろということ。成功に走りすぎて、足下が危うく、人生は充実しているが自分は充実していないという状態に陥っていたりします。成功も幸せも、どちらも自分が持っている資質から派生しているのだから、自分を生かしていないという意味で偏った発揮はNGです。

前話: 成功系と幸せ系(せいこうけいとしあわせけい)

次話: 毎日幸せでしょうがない人(まいにちしあわせでしょうがないひと)