自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

強みを使っている人が気がついて拒絶しなければならない(つよみをつかっているひとがきがついてきょぜつしなければならない)


拒絶すれば依存体質の多くの人は去る。そして自分の依存が通用する人を見つけようとする。本当は依存している方が気がついてやめなければ解決しない。だが、強みを使う人は、この危険性を知って自分が自分のありのままでいればいいというだけの無責任に陥らないように知らなければならない。