自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

心の世界(しんのせかい)

自分のことで、自分の内側の世界。心象と言ってもいいかもしれません。心の世界は、それが価値観であったとしても真の世界とかけ離れている場合は思い込みに過ぎません。勝手な知覚と考えてもいいと思います。

前話: 真の世界(しんのせかい)

次話: 真の世界を基準にすること、その1(しんのせかいをきじゅんにすること、その1)