自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

怒鳴らなければ分からない連中(ざんねんなことにどならなければわからないれんちゅう)

司馬遼太郎の「峠」というちと悲しい本に、残念なことに怒鳴らなければ分からない連中がいるというようなことが書かれている。残念なことは、怒鳴るだけではなく優しくすると図に乗る人や、誠実に接すると調子をこく人や、ちゃんとやっていると損をさせても良いという人が必ずいる、という事実。

前話: 価値基準に合った自分の進め方を採用すること(かちきじゅんにあったじぶんのすすめかたをさいようすること)

次話: 知った風な口をきくのをやめる(しったふうなくちをきくのをやめる)